次世代住宅ポイントの発行申請方法

次世代住宅ポイントの発行申請方法

2019年10月に始まる消費税10%。税率引き上げ後も、住宅の新築や大規模なリフォーム工事を確保するために国が始める優遇策が「次世代住宅ポイント制度」です。省エネなど一定の条件をクリアした住宅を購入・リフォームすると、さまざまな商品と交換できるポイントをもらえます。
しかしポイントを手に入れるためには、既定の申請が必要です。
そこで「次世代住宅ポイント」の発行申請方法を、「住宅タイプ別」にまとめました。新築注文住宅・分譲・リフォーム物件などなど、タイプによって申請方法が異なります。まずはどのタイプに該当するかを確認しましょう!

新築住宅の申請方法

住宅タイプは大きく2つ、「新築」か「リフォーム」かに分かれます。また「新築住宅」のなかでも、「注文住宅」・「分譲住宅」・「完成済み分譲住宅」の3つがあり、申請タイミングや必要な手続きが異なります。
まずは、新築住宅3種の申請方法をご説明します。

1.「新築・注文住宅」のポイント発行申請方法

申請方法は2種類、「工事完了後申請」と「工事完了前申請/完了報告」です。

1.「新築・注文住宅」の「工事完了後申請」

「工事完了後申請」は、「工事請負契約」「工事完了」「引越し」のあとに、「次世代住宅ポイント事務局」へポイント発行の申請をします。
住宅の引き渡しは2019年10月1日以降、ポイントの発行申請は、遅くとも2020年の3月31日までにすることが条件です。なお最終的な申請受付の締め切りは、予算の執行状況に応じて変わります。
住宅の引き渡し、ポイント発行申請の締め切りは、どの住宅タイプにも共通のものです。

2.「新築・注文住宅」の「工事完了前申請/完了報告」

「工事完了前申請/完了報告」は、「工事請負契約」の時点で、先に「ポイント発行申請」ができます。
ただし、工事完了後の「引越し」のあとで「完了報告」が必要です。

2.「新築・分譲住宅」のポイント発行申請方法

申請方法は3種類、「予約申請」「工事完了後申請」と「工事完了前申請/完了報告」です。
6種類に分かれている次世代住宅ポイントに該当する住宅タイプの中では、唯一「予約申請」ができます。

1.「新築・分譲住宅」の「予約申請」

「予約申請」は、「工事請負契約」の時点でポイントの「予約申請」ができ、「不動産売買契約」時に「ポイント発行申請」をします。
ただし、工事完了後の「引越し」のあとで「完了報告」が必要です。
ポイント予約申請は任意ですが、販売開始前の住宅に限るので注意しましょう。

2.「新築・分譲住宅」の「工事完了後申請」

(参考画像URL:https://www.jisedai-points.jp/user/procedure/b-1.html)
「工事完了後申請」でも、任意で「予約申請」ができます。「工事請負契約」時点で予約申請、「工事完了」「引越し」のあとに、「ポイント発行申請」をします。

3.「新築・分譲住宅」の「工事完了前申請/完了報告」

「工事完了前申請/完了報告」は、「工事請負契約」の時点で任意の「予約申請」ができます。
「不動産売買契約」時に「ポイント発行申請」をして、工事完了後の「引越し」のあとで「完了報告」をします。

3.「完成済み分譲住宅」のポイント発行申請方法

申請方法は1種類、「工事完了後申請」だけです。ほかの住宅タイプのように工事完了前申請や予約申請はできないので注意しましょう。

1.工事完了後申請

「工事完了後申請」は、「工事完了」「引越し・入居」のあとに、「ポイント発行申請」をします。
「完成済み住宅」は「2018年12月20日までに完成済み」の新築住宅を購入することになりますが、「引き渡し・入居」は2019年10月1日以降であることが条件です。

リフォーム住宅の申請方法

「リフォーム住宅」は、「戸別」・「若者・子育て世帯」・「一括」の3つに分かれます。
「若者・子育て世帯」では、子育て世帯が「既存住宅を購入して」おこなうリフォーム工事が対象。
また「一括」とは、複数の物件をまとめてリフォームするもの。工事金額が高額なケースが多いです。

1.「戸別」のポイント発行申請方法

申請方法は2種類、「工事完了後申請」と「工事完了前申請/完了報告」です。

1.「戸別リフォーム」の「工事完了後申請」

「工事完了後申請」では、「工事請負契約」のあと、「工事完了」「入居」が終わった時点で、「ポイント発行申請」ができます。
ただし、リフォーム物件のポイント申請には工事前後、または工事中の「写真」が必要です。写真を撮り忘れると、ポイントは発行されません。

2.「戸別リフォーム」の「工事完了前申請/完了報告」

「工事完了前申請/完了報告」は、「工事請負契約」の時点で、先に「ポイント発行申請」ができます。ただし、工事完了後の「引越し」のあとで「完了報告」と、工事前後・工事中の写真が必要です。
また「完了前申請」は、対象のリフォーム工事を含む工事請負契約の総額が1,000万円(税込)以上であることが条件です。

2.「若者・子育てリフォーム」のポイント発行申請方法

申請方法は2種類、「工事完了後申請」と「工事完了前申請/完了報告」です。

1.「若者・子育てリフォーム」の「工事完了後申請」

「工事完了後申請」は、「工事請負契約」「工事完了」「引越し」のあとに、「ポイント発行申請」ができます。
こちらも工事前後・工事中の写真が必要です。

2.「若者・子育てリフォーム」の「工事完了前申請/完了報告」

「工事完了前申請/完了報告」は、「工事請負契約」の時点で、先に「ポイント発行申請」ができます。ただし、工事完了後の「引越し」のあとで「完了報告」と、工事前後・工事中の写真が必要です。
また「完了前申請」は、工事請負契約の総額が1,000万円(税込)以上であることが条件です。

3.「一括リフォーム」のポイント発行申請方法

申請方法は1種類、「工事完了前申請/完了報告」のみです。

1.「一括リフォーム」の「工事完了前申請/完了報告」

「工事完了前申請/完了報告」は、「工事請負契約」の時点で、先に「ポイント発行申請」ができます。ただし、工事完了後の「引越し」のあとで「完了報告」と工事前後・工事中の写真が必要です。
「一括リフォーム」の場合は発行ポイント数が大きくなるため、「工事完了前」に必ず申請をおこないます。「工事完了後」の申請はできないため注意が必要です。