次世代住宅ポイントと商品の交換方法

「次世代住宅ポイント」は、2019年10月から施行される消費税10%対策の一環として、国がおこなう優遇策です。エコや家事負担軽減など、一定の条件に合致した住宅を購入・リフォームすると、さまざまな商品に交換できるポイントがもらえます。
そこで、初めてこの制度について知る人のために、「制度全体の流れ」と「商品の交換方法」についてまとめました。リフォーム物件の場合、最大で60万円相当のポイントがつくので、購入物件が該当するかどうかをきちんと把握しておきましょう。

「次世代住宅ポイント」とは

「次世代住宅ポイント」は、消費税引き上げ後の住宅購入・リフォーム工事を支援するための政策です。ポイントを受け取るためには建物が

1.省エネ性能やバリアフリー、耐震など、一定の条件を満たしている
2.住宅の引き渡しが2019年10月以降である

など、所定の条件をクリアしている必要があります。

基本的な流れとしては
1.住宅の新築・リフォームを行う
2.次世代住宅ポイントの発行申請を、事務局に対して行う
3.ポイントが発行される
4.希望する商品の交換申請を、事務局に対して行う
5.事務局が商品提供を、所定の事業者に依頼する
6.申請者に商品が提供される
となります。

ポイントの発行申請は不動産事業者などが代行で行うこともでき、購入・リフォームする住宅のタイプによっては物件の引き渡し前にポイント申請をすることも可能です。

ポイント発行は期間限定

ここで注意が必要なのは、住宅の購入であってもリフォーム物件であっても、建物の「引き渡し・引越しが2019年10月1日以降」である、という点です。原則として、消費税が10%にアップしたあとに取得した住宅である点が大前提です。
またこの制度には予算上の上限があり、現在のところ、新築物件に1,032億円、リフォーム物件に268億円の予算が取られています。これが予算総額であって、予算がなくなり次第、ポイントも終了になるということです。
ポイント発行の時期は、いまのところ2020年3月31日までと予定されていますが、申請総額しだいでは、早めに終了する可能性もあります。該当する住宅の購入やリフォーム工事を考えているのなら、不動産事業者・リフォーム業者と相談をして、早めの着工を検討するといいでしょう。

また、今回の次世代住宅ポイント制度では、とくに若者・子育て世代のリフォームに手厚い支援が設定されている点が特色です。
「若者・子育て世帯」とは、2018年12月21日時点で「40歳未満、もしくは18歳未満の子供がいる世帯」、または「申請時点で18歳未満の子供がいる世帯」です。
この「若者・子育て世帯」が、みずから居住する住宅をリフォームする場合は、最大で45万ポイント(45万円相当)がもらえ、既存住宅を購入してリフォームする場合は最大で60万ポイント(60万円相当)がもらえます。
これからの日本を支える若者層をサポートするために、あえて手厚い支援が用意されているので、利用しないのはもったいないかもしれません。

申請方法とポイント交換

せっかくもらえるポイントですから、申請方法を知っておきましょう!
ポイント申請は、次世代住宅ポイント制度の事務局へ郵送するか、または指定の受付窓口へ直接、必要書類を持参しておこないます。申請書はネットでダウンロードでき、そのほかの必要書類は不動産事業者やリフォーム業者に用意してもらえるので安心です。
ちなみにこの制度でもらえるポイントは、どの住宅タイプでも「1ポイント=1円」と考えればよく、新築物件では最大35万円相当、リフォーム物件では最大60万円相当のポイントが商品と交換ができます。
それほど高額の商品をまとめて交換はできない!という場合は、ポイントをわけて複数回の交換申請をすることも可能です。
たとえば、30万ポイントをもらった場合、30万ポイントまでの高額商品1回と交換できますが、10万ポイントの商品3つを別々のタイミングで交換することもできるのです。
この次世代住宅ポイントは、発行申請の期限が2020年3月31日まで、商品の交換申請は2019年10月1日~2020年6月30日までです。スケジュールについては頭に入れておくといいでしょう。

ポイントで交換できる商品

それでは、取得したポイントでどんな商品と交換ができるのか、具体例を見ておきましょう。
商品が事前に登録されているもので、「省エネや環境に配慮された商品」、「防災や地域振興にかかわるもの」、「子育て世代を支援するための家事援助の商品」などがラインナップされています。
たとえば、家電製品ならファミリータイプ400リットルの4ドア冷蔵庫や、ダイソン掃除機、ロボット掃除機のルンバなどが対象。住宅を新築・リフォームしたときにぜひとも手に入れたい最新型の家電がそろっています。
インテリアなら、ソファーやカウチなどの家具、カーテンや木材を使ったオシャレなテーブルなどがあり、新生活が楽しくなりそうなものばかり。センスのいいものが多くて、選ぶのが楽しみです。
また食品も充実していて、全国各地の特産品のお米やお肉、魚介類などがあります。子供のいるファミリー世代には果物もおすすめで、イチゴや夕張メロン、山形のサクランボなど、自分で買うにはちょっとリッチな商品もラインナップ。
商品によって交換ポイント額が大きく違いますので、ポイント消費が多い大型家電・最新家電と食料品を組み合わせたり、新居の家具やインテリア類はそっくりポイントで交換したりするなど、多様な使い方ができます。じっくりと考えてから決めましょう。