グリーン住宅ポイントの交換商品一覧はここからチェック!【2021年】

ポイント交換

2021年、新型コロナウイルスによる経済の落ち込み・エコ意識の高まり・テレワークの普及などによって、「グリーン住宅ポイント制度」が注目されています。

グリーン住宅ポイント制度とは、一定の性質を持つ住宅新築・購入・リフォームなどを対象に、1ポイント1円相当のポイントを付与する仕組みのこと。

今回は、グリーン住宅ポイントで交換できる商品の概要・交換方法・おすすめ商品について解説していきます。

交換商品には、思わず目移りしてしまうほど豊富な種類がそろっています。
「これだ!」という商品をみつけるために、ぜひ参考にしてみてください。

グリーン住宅ポイントの概要・対象となる契約をチェックしたい方は、こちらの記事もあわせて読んでみてください。

グリーン住宅ポイントで交換できる商品

グリーン住宅ポイントで交換できる商品

グリーン住宅ポイントで交換できる商品は、主に以下の項目に分けられます。

  • 「新たな日常」に役立つ商品
  • 健康関連の商品
  • 地域振興に役立つ商品
  • 省エネ・環境配慮に優れている商品
  • 家事負担軽減に役立つ商品
  • 防災関連の商品
  • 子育て関連の商品

「新たな日常」とは、新型コロナウイルスの感染防止やそれにともなうテレワークなど、新しい生活様式に対応した日常のことをいいます。

提供事業者がグリーン住宅ポイント制度事務局に商品を登録し、項目ごとの基準を満たすことでサイトに掲載されています。
交換商品は、2021年11月30日ごろまで随時追加されていく予定です。

また、ポイントを交換できる追加工事と商品の両方に使用することが可能。
追加工事を検討している方も、余ったポイントで対象商品と交換ができますよ。

具体的な商品名は変更される可能性もありますが、以下の商品例も参考にしてみてください。

1.「新たな日常」に役立つ商品例

  • パソコン / 周辺機器 / 通信機器
  • スマートフォン
  • 音響機器 / 映像機器(テレビ・レコーダー・プロジェクターなど)
  • 照明
  • 健康家電(空気清浄機・サーキュレーターなど)
  • 家具(デスク・パーテーションなど)
  • 寝具
  • カーテン / ブラインド
  • カーペット / 敷物
  • 感染予防用品(マスク・石けんなど)
  • テレワーク用品(モニター台・ごみ箱など)
  • DIY用品(電動工具・脚立など)
  • 園芸用品(生花・鉢・ウッドデッキなど)
  • 楽器
  • 自転車

2.健康関連の商品例

  • 健康家電
  • 健康食品(特定保健用食品・機能性表示食品)
  • スポーツ用品(ゴルフ用品・ランニングマシンなど)
  • アウトドア用品(リュック・テントなど)
  • 自転車
  • 福祉用品 / 介護用品(車いす・大人用おむつなど)

3.地域振興に役立つ商品例

  • パソコン / 周辺機器 / 通信機器
  • スマートフォン
  • 音響機器 / 映像機器
  • 照明
  • 健康家電
  • キッチン家電
  • 掃除家電 / 洗濯家電
  • 電子辞書
  • スマートスピーカー
  • 家具
  • 寝具
  • カーテン / ブラインド
  • カーペット / 敷物
  • キッチン / バス / トイレ / 掃除 / 洗濯用品
  • 感染予防用品
  • テレワーク用品
  • DIY用品
  • 園芸用品
  • 楽器
  • ファッション / 小物
  • 工芸品(織物・木工品・陶磁器など)
  • その他の地場産品
  • 食料品(肉魚・米・パンなど)
  • 飲料 / 酒類
  • 健康食品
  • スポーツ用品
  • アウトドア用品
  • 自転車
  • 福祉用品 / 介護用品
  • 防災用品
  • 避難用品
  • 子供用インテリア(ベビーベッド・トイボックスなど)
  • 学習用品
  • 6歳未満対象の玩具
  • 子供用衣類
  • 子育て用品
  • 子供用自転車

4.省エネ・環境配慮に優れている商品例

  • パソコン / 周辺機器 / 通信機器
  • 音響機器 / 映像機器
  • 照明
  • 健康家電
  • 寝具
  • カーテン / ブラインド
  • カーペット / 敷物
  • 園芸用品

5.家事負担軽減に役立つ商品例

  • キッチン家電
  • 掃除家電 / 洗濯家電
  • スマートスピーカー
  • キッチン / バス / トイレ / 掃除 / 洗濯用品
  • 自転車

6.防災関連の商品例

  • 寝具
  • カーテン / ブラインド
  • カーペット / 敷物
  • 防災用品
  • 避難用品

7.子育て関連の商品例

  • 電子辞書
  • 子供用インテリア
  • 学習用品
  • 6歳未満対象の玩具
  • 子供用衣類
  • 子育て用品
  • 子供用自転車

ecoるのおすすめ商品一覧

ecoるのおすすめ商品一覧

グリーン住宅ポイント交換ポータルサイトの「ecoる」では、人気商品お手頃商品を写真つきでわかりやすくまとめています!

5,000ポイント以内で気軽に交換できる商品から、約400,000ポイントの豪華商品まで掲載。
ポイント帯やカテゴリーから検索できるので、ぜひいちどチェックしてみてください。

グリーン住宅ポイントから商品への交換方法

グリーン住宅ポイントから商品への交換方法

グリーン住宅ポイントと対象商品は、基本的に以下の手順で交換ができます。

  1. 2020年12月15日〜2021年10月31日に、グリーン住宅ポイント制度の対象となる工事請負契約または不動産売買契約を締結する。
  2. 遅くとも2021年10月31日まで(※1)に、グリーン住宅ポイント制度の事務局へポイント発行申請(※2)をする。
  3. 事務局の審査後、ポイントが発行される。
  4. 2022年1月15日までにポイントを商品に交換する

(※1)
ポイント発行申請の期限は、制度予算の進行状況によって締め切り予定が早まる場合があります。

(※2)
ポイント発行申請には「完了前報告」と「完了後報告」の2パターンがあります。具体的な
書類作成や工程は、事業者とよく話し合いながら進めてください。

グリーン住宅ポイントの商品交換に関するよくある疑問 Q&A

グリーン住宅ポイントの商品交換に関するよくある疑問 Q&A

商品交換に関して、疑問を抱きやすいポイントをまとめました。

Q1.ポイントと現金の併用で商品を購入できる?

現金との併用はできません。保有ポイントの範囲内で、交換できる商品を選んでください。

Q2.ポイントの失効期限はいつ?

期限内に発行したポイントは、2022年1月15日まで有効です。2022年1月15日を過ぎるとポイントが失効します。

Q3.商品はいつ提供される?

2021年6月上旬~2022 月2月15日までに提供・納品されます。また、対象商品は、基本的に納品依頼から 20 日以内に納品できるものとなっています。

まとめ

グリーン住宅ポイント制度のポイントと交換できる商品について紹介してきました。
商品は、子育てや介護をするご家庭だけでなく、働きざかりの世帯やエコへの関心が高い方にとっても便利なものがたくさんそろっています。

商品交換の期限は2022年1月15日です。

まずはラインナップをチェックして、気になったものを見比べてみてはいかがでしょうか。

※参照:グリーン住宅ポイント事務局ホームページ

※参照:グリーン住宅ポイント「交換商品の提供を希望する方」向けページ